衛生からの情報をキャッチして追跡するgps【小型化と精度の高さ】

HOME>コラム>追跡はgpsを使う時代になっている【特徴とメリット】

追跡はgpsを使う時代になっている【特徴とメリット】

GPS

衛星で居場所を確認

人や車などの行き先を追跡するための手法として、gpsの活用が始まっています。gpsとは大気圏外に配備された衛星からの情報を元に、地球上の位置を測定するためのシステムです。非常に狭い範囲での位置特定が可能で、リアルタイムに位置情報を更新することで移動経路を表示することもできます。gpsによる追跡は、電波を受信するための装置を対象に持たせ、送られてくる情報をパソコンやスマートフォンなどでモニタするといった形が一般的です。受信用の装置は技術の進歩により小型化が進み、重さも軽いため様々な場所に取り付けることができます。必要なシステム一式がサービスとして企業から提供されているので、そちらに申し込んで利用を開始するのが一般的です。

虫眼鏡

小型で使いやすいサービス

対象をgpsで追跡できるサービスは、各企業から提供されるとすぐに多くの利用者の関心を集めました。その理由は、対象となる相手に負担感を与えることなく追跡できるからです。例として徘徊することが多い高齢者を追跡する場合、大掛かりな装置を本人に持たせても嫌がられることがほとんどでしょう。しかしgpsによる追跡なら必要な装置は手のひらサイズにまで小型化されており、ポケットなどに入れておくだけで威力を発揮してくれます。重さがあるなど大きい装置と違い、相手に心よく携帯してもらうことができます。誰かが自分の足で対象を尾行する必要がない点も、gpsによる追跡サービスの長所です。対象に持たせておけば後はモニターで確認するだけですから、家の中にいても行動を見守ることができます。